iPod

【Apple】新型「iPod touch」第7世代登場のうわさ!?商標登録の範囲を拡大したと話題に

久々の更新ですが、ちょっと気になった情報がネットに出てたので触れておきます。

現行モデルの「iPod touch 第6世代」が発売されてすでに3年以上が経過していますが、アップルがiPod touchの商標適用範囲を既存の国際クラス9(オーディオデバイスなど)から国際クラス28(ゲーム)まで拡大する出願を行ったというものです。

 

※2019年5月に第7世代「iPod touch」が発売されました。

第7世代「iPod touch」登場の兆し!?

初代iPod touchが発売されてからすでに12年の月日が経過したiPod touchですが、このタイミングで商標適用範囲を広げるというのは、今後登場する新モデル登場のための出願ではないでしょうか。

昨今のスマートデバイスの進化を見ると、現行の”オーディオデバイス”としてのiPod touchではインパクトに欠けます。もちろん、現行モデルでもゲームやアプリを使用することはできますが、性能面を見るとiPhoneよりもかなり劣ります

そろそろスペックアップした新型「iPod touch」が欲しいタイミングなので、今年の発表会には注目したいです。

第7世代「iPod touch」に期待すること

現行モデルの第6世代は、採用チップに「A8」、4インチRetinaディスプレイを搭載し、最新のiPhoneやiPad proからは消え去ったホームボタンが備わっています。

イヤホンジャックは必須

「iPod touch」はiPhoneとは違い、音楽を聴くことに特化したデバイスなので、3.5mmヘッドフォンジャックは必ず搭載して欲しいですね!

ワイヤレスはコードがなくなって便利ですが、長時間音楽を流しっぱなしにする人も多いと思うので、イヤホンジャックがないとバッテリー面で不安になります。

画面サイズはゲーム用途を考えると?

画面サイズは、オーディオデバイスとしてポケットへのおさまりを考えると4インチでも問題ないですが、もしゲーム用としての端末として生まれ変わるのであれば4.5~5インチくらいは欲しいですね。

Apple pencilへの対応

こちらもゲーム用途への対応がされるのであれば、Apple pencilは使えるようにしてもらえると助かる場面も出て来そうですね。

もちろん、iPad proなどをメインで使っていて、iPod touchでも使えると便利だなーといった程度の感覚ですが。

まとめ

新型「iPod touch」登場のうわさはちょこちょこ上がっては、発表会で全くかすりもしない状況でしたが、2019年中にはもしかしたら新しい情報が出てくるかもしれません。

僕もオーディオデバイスは「iPod touch」を愛用していますが、そろそろ性能的にきつくなってきたかなと感じています。

この商標適用範囲拡大の出願が、新型「iPod touch」登場の兆しとなっていれば嬉しいのですが。

 

※2019年5月に第7世代「iPod touch」が発売されました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。