雑記

WEBデザインの現場で使える写真フリー素材サイト9選!

僕がWEBデザイナーとして仕事をするときに、実際に現場で使っているフリー素材サイトを紹介します!

基本的には商用利用可能のものが多いですが、利用の際は必ず利用規約を読みましょう!

※ピックアップしたサイトは2018/11/13現在の情報です。

写真フリー素材

写真のフリー素材サイトは結構多いです。

今回、実際に現場でも使えるサイトをピックアップしました!

クライアント様から素材は無料でいいよって言われたときや、有料を探す前の「こういう雰囲気の写真を使います」といった確認にも使えるので、ぜひ利用してみて下さい!

photo AC(有料もあり)

会員登録をすれば無料で利用することが可能で、フリー素材の数では業界No.1です。

また、プレミアム会員価格も業界の中では安く設定されているため、無料会員で満足できない場合はプレミアム会員がオススメです。

写真AC

ぱくたそ

日常シーンや、風景写真が多めです。

面倒な会員登録とかはないので、さくっと検索ができます。

人物画像については、無名モデルさんが活動していたりするので、記事のキャッチ画像などに使えるものが多いです。

ぱくたそ

Pixabay

風景写真が多めです。

プロのカメラマンが撮ったような写真が多いので、背景やヘッダーなどに使えます。

Pixabay

写真素材 足成

足成は、全国のアマチュアカメラマンが撮影した写真を素材として使うことができます。

数は多くないですが、ピタリはまる画像があれば使いやすいです。

足成

pro.foto

こちらもカメラマンが撮影した写真をフリー素材として利用できます。

高解像度のものも多く、印刷物などに使うことが多いです。

pro.foto

GIRLY DROP

ガーリードロップは、女性向けのデザインを制作するときにはかなり使えます。

写真自体に女性向けのオシャレな加工がされているものも多く、時短したいときや記事用に掲載したいときに重宝します。

GIRLY DROP

Unsplash

海外のフリーサイトですが、解像度の高い写真が多く、国内のフリーサイトに比べオシャレな写真が多いです。

検索は英語を入力すれば出るので、単語がわからないときは翻訳してから検索しましょう。

基本的には外国の人がモデルだったりするので、使う場面には注意。

Unsplash

ビジトリーフォト

ビジトリーフォトは人物専門のフリー素材サイトです。

同じ構図やテイストで繰り返し写真を使いたいときに便利です。

ビジトリーフォト

タダピク(有料サイト検索もあり)

フリー素材サイトのアンテナ的サイト。

様々なフリー素材サイトから、欲しい素材を検索して探してくれます。

タダピク

まとめ

僕が現場で実際に使っていたサイトの紹介でした。

当たり前ですが、各サイトの利用規約をしっかり読み、各素材に対しても商用利用可能かチェックしましょう!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。